Project #1土木系

白川沿川の洪水被害を
未然に防ぐ、
洪水調節専用の
「立野ダム」建設。

工事名:立野ダム建設(一期)工事

PROJECT OUTLINE

白川は熊本県の中央部に位置する河川で、その源を熊本県阿蘇郡高森町根子岳に発し、阿蘇カルデラの南の谷(南郷谷)を流下し、同じく阿蘇カルデラの北の谷(阿蘇谷)を流れる黒川と立野で合流した後、熊本平野を貫流して有明海に注ぐ、一級河川です。
その水源は環境省により名水百選にも指定され、流域に住む人々に多くの恵みをもたらしてきた一方、流域は全国平均に比べて降水量が多く洪水が発生しやすい地域的特性を持っています。特に下流の熊本市内は周辺の平地より高い位置を流れ一度氾濫したら広範囲に広がる特徴があり、1953年6月、80年8月、90年7月、2012年7月に洪水による甚大な被害が発生し、その対策が急務とされてきました。白川流域の洪水被害を最小限にとどめるため、2018年8月から立野ダム本体の建設工事が本格的に開始されました。
立野ダムは白川と黒川の合流地点から1kmほど下流で建設が進む、洪水被害を防ぐことを目的とした洪水調節専用ダム(流水型ダム)です。流水型ダムとは一般的な貯水型ダムとは異なり平常時は水を貯めず通常の河川のような流水を行い、洪水時にダムへの流入量が増えた場合に貯水して下流への流水量を調節するダムのこと。ダムの規模及び構造形式は堤高約90m、堤頂長約200m、堤体積約40万m3の曲線重力式コンクリートダムです。西松建設では立野ダム建設(一期)工事を3社JV(西松建設・安藤ハザマ・青木あすなろ建設特定建設工事共同企業体)で受注し、2018年2月より工事に着手しています。現在のJV社員数(3社合計社員数)は30名で、そのうち西松建設社員数は20名を占めています。また、実際に施工をする協力会社数は40社以上で作業員数は200~250名の昼夜勤務体制で2023年の完成を目指しています。

PROFILE

土木職

九州支社
立野ダムJV工事事務所 所長

中井 利幸

Toshiyuki Nakai

入社32年目。入社以来、施工管理、主任技術者として全国で6件のダム建設に従事。立野ダムでは現場を統括管理する責任者「現場代理人」。

土木職

九州支社
立野ダムJV工事事務所
係長

川口 航

Kou Kawaguchi

入社12年目。受注前の社内における立野ダム建設プロジェクト計画から参加。受注時は工事主任、現在は工事係長。受注後はダム本体工事、仮設備仮設工事を担当。ダムは2現場目の経験。

電気職

九州支社
立野ダムJV工事事務所
係長

角屋 祐次

Yuji Kadoya

入社18年目。西松建設の中でも約60名しかいない機電職。工事現場における機械・電気設備の担当者として、施工管理、施工設備計画、給排水計画管理、濁水管理等を担う。

土木職

九州支社
立野ダムJV工事事務所

新田 奈穂

Naho Nitta

入社2年目。新入社員として研修終了後、初の配属先が立野ダム。学生時代はコンクリート研究室で学び、土木事業に携わることを希望して西松建設に入社。

※インタビュー時の所属です。

TALK - 01このプロジェクトの社会的な
意義とは?

中 井(所長)

台風や集中豪雨による河川氾濫の災害を減らす方法は治水しかありません。治水には堤防、調整池、ダムといった様々な方法があります。その中でもダムは有効な手段のひとつで、計画している洪水量であれば一時的に貯水し下流へ流す水量を調節することが可能です。仮に下流域の浸水が想定される場合でも河川の氾濫が発生するまでの時間を長くすることができ流域住民が退避する時間を確保して被害を軽減することが可能です。ひと頃、ダムは自然環境へ与える影響が大きく問題視されていましたが、現在は自然環境の保全に取り組みダム周辺や流域の生態系や景観に配慮した設計がなされるようになり様々な環境保全対策が実施され環境との両立が図られています。近年はインフラツーリズムでダムが観光資源となり、地域活性化の起爆剤にもなっています。

川 口

ダム建設の工期は数年にわたります。私の場合は家族も一緒に移り住み、前の現場に続いて熊本での生活も長くなりました。地域に暮らす当事者として、洪水は本当に他人事ではありません。熊本ではたびたび豪雨災害が起こりますが、白川の下流には熊本市もあり、氾濫すれば相当な被害です。そうした被害を未然に防ぎ、下流に暮らす人たちの生活を守っていくことに、この仕事の重みを感じます。

新 田

九州は近年、大雨による被害が本当に多いです。私はちょうど阿蘇山から熊本平野へと流れる白川の川下を見渡せる地域に住んでいます。白川がもし氾濫したら、今見えている町に被害が及ぶのだと思うと、このダム建設の重要性にとても身が引き締まる思いです。

角 屋

立野ダムの建設地である南阿蘇村は2016年の熊本地震により甚大な被害を受けました。村の若い人たちが行っている「まち歩き(フットパス)」の復興イベントに西松建設の若手を誘って参加し、そのルート途中にある立野ダム建設地の前ではダム建設の必要性や進捗状況などを県外から参加される方に紹介しています。私も同じ地域住人の一人として、地域のイベントや行事にも誘ってもらっています。立野ダムの役割を少しでも理解して頂けると嬉しくなります。

TALK - 02プロジェクトで携わっている
役割とは?

中 井(所長)

ダム建設ではダム本体を載せる堅固な岩盤を出現させるため、建設位置の表土及び弱い岩盤を掘削します。ところが、所定の強度を有する岩盤が出現しない、ということもしばしばで掘削する範囲や深さが変更になり工程にも影響が発生します。しかし、施工方法や施工体制を工夫し工期に遅れることなく高い品質を維持することは施工者の務めであると思っています。これはほんの一例にすぎませんが、ダム建設する上で現場責任者として幾多の難局を乗り越えるため、現場の関係者全員で最善策を見い出し実行する必要があります。そのとりまとめが私の重要な役割になります。

角 屋

私は機電職として、施工設備(仮設備)の計画、給排水の計画・管理、工事で排出される濁水処理設備の運転管理を行っています。立野ダムは峡谷に建設されるためダムの上下流の河川敷の土地はほとんどなく、全ての設備が両岸の天端以上(ダムの最上部以上)にあるのが大きな特徴です。給排水を行う場合も高低差が約80mあり、配管ルート、設置するポンプの選定や設置方法については入念な計画が必要になります。白川は流量も勢いも強い暴れ川で、取水場の選定や維持も大変困難ですが、常時、給水設備や排水設備を停止させることなく稼働させることが私の使命です。

川 口

私はダム構築に使用するコンクリート製造設備、ケーブルクレーン設備等のダム仮設備の計画と現場施工管理、また国土交通省が推進しているCIM(建設工事における生産性向上を目的に3次元モデル・データを導入して活用する)を取り扱う業務がメインです。ダム仮設備工事は終盤となり、いよいよ本体のコンクリートの打設が始まります。施工計画から資機材手配、現場管理まで一連の業務を通じて、品質・安全を確保した上で、いかに無駄なく効率的に低コストで工事を進めるか。その工夫も私の役目であり業務の面白さですね。

新 田

私は現在、ダムの基礎となる箇所でショベルカーによる掘削や法面の工事の現場管理を行っています。現場担当として安全・出来形・品質・写真管理・測量作業などが主な業務です。現場では、思わぬ障害物があったり、地形の特徴に悩んだり、計画通りにいかないことが多々あります。そこをまず自分の目で確認し、作業の際に考慮すべき事項をチェックし、安全に効率よく作業ができるように対策を考え、協力会社の職長さんに指示することが私の役割です。わからないことは先輩に質問しながら進めています。

TALK - 03プロジェクトを通して
得られた経験・成長とは?

新 田

若手としての現場担当の一番の仕事は、最前線で現場の動きを把握することです。現場で起こっていることを逐次上に報告するとともに、何かあれば対応に当たります。1年目の時はわからないことだらけで先輩に質問してばかりでしたが、2年目の今はある程度の危険予知や安全管理、作業手順についても経験できたことで、自分の意見を持てるようになってきました。小さな作業でも、自分の裁量で現場を動かし、ものが出来上がった時に達成感ややりがいを感じています。

角 屋

現場では計画から現場管理、官公庁提出書類の作成対応まで私がオールマイティに担当します。立野ダムは河床から約80mの高さにコンクリート製造設備があり、コンクリートを打設するには、その運搬手段が重要となります。そこで約350m離れている右岸と左岸に鉄塔を組んでケーブルで繋ぎ、ダムコンクリートを運搬機で運べる設備を設置しました。狭いヤード内での組み立ては搬入方法の立案や作業調整が大変に難しかったですが、ここまで規模の大きなケーブルクレーンを設置したのは初めてだったので、新しい経験ができ自信になりました。

川 口

土木構造物は“一品もの”です。過去の経験があっても、新しい現場に来たら地質も地形も川の流量も全く違い、全てが初めて知る施工方法や技術ということもあります。正直、立野に初めて来た時は、「こんなところにダムなんて、本当に造れるの?」と思いましたが、なんとか仮設備の工事は完成を迎え、このままダム本体コンクリート工事に着手できる見通しです。今回は係長へと昇進し、部下のマネジメント業務も加わりました。技術とは別に、次のキャリアステップとして必要なスキルを今、勉強中です。

中 井(所長)

私のダム現場の経験数としては立野が6現場目のダムになります。ダムの建設に携わっている最中は現場を進めていくことに懸命で、大変なことの方が多いかもしれません。でも、一つの現場を終えて振り返ってみた時、自分がどれだけ成長できたかに価値を見出せると思います。ただ単に楽で易しい現場はまずありませんが、悩み、苦労した現場ほど達成感も大きいです。ダム現場は工事期間が長いため途中で異動になることもあります。ダムの完成がニュースで報じられたり、旅行などで完成後に訪れたりした時に改めて、「良い物を造った」という誇りが持てます。このようなことの繰り返しにより一段上の技術者として成長できたという実感が湧いてきます。

TALK - 04プロジェクトで求められた
「現場力」とは?

角 屋

立野ダムは管理用エレベーターのための立坑があり、「ダムで立坑?」と驚きました。ただ、シールド工事での縦配管の経験があったため、約70mの深さがある立坑に給排水設備を取り付けることが出来ました。建設業における機電職にはあらゆる現場に対応するための十分な知識や技術が欠かせません。ですから、機械のトラブルや不具合の改善も含めた今までの経験が、知識や技術の習得をする上でとても重要になってきます。こうした現場対応力が私に一番求められている力だと思いますし、やりがいにつながっています。

川 口

私が担当している仮設備というのは、受注者の責任により計画・設計を行い設備の設置をします。ダム建設の場合は、仮設備がうまくいかなければ本体工事もうまく回らないと言われるほど重要。過去の事例を見ても同じ条件の現場は絶対になく、その現場に合うものを過去の事例や先輩から教わり、試行錯誤しながら計画・設計をします。そこが一番苦労するところで大変なのですが、面白さでもあり、まさに経験で培った現場力を発揮できるところかと思います。

中 井(所長)

私たちの仕事は基本的に失敗が許されません。現場の社員及び関係部署の社員で最適な方法を考え、100%の確信を得てから工事を進めて行きます。それでも現場では様々な問題が発生します。その時に現場社員の一人ひとりが目の前で起きている問題に正面から向き合い、原因を解明し、データを分析し、かつ支社や本社(土木設計部・技術研究所)、土木施工技術委員会(ダム委員会)の支援を得ながら問題を迅速、的確に解決していく。それこそが西松建設の現場力だと思います。。

新 田

現場では地形・地質の設計との相違や自然の猛威による被害など、本当に多くの問題が発生します。しかし所長が言うように、どんな問題も皆で熱心に話し合いを重ね、問題を解決しながら、進んでいきます。私はまだ経験が浅く、先輩や上司に教えてもらうことばかりですが、そういう場面は何度も見てきました。西松建設の誇る現場力を肌で感じる部分ですね。

TALK - 05この経験を活かし、
今後、経験したい現場とは?

新 田

将来は土木の営業職に興味があります。土木業界は女性の進出が遅く、当社にもキャリアモデルはいないのが現状。私も結婚や子育てをしながら、いかにこの世界で長く働き続けるかを考えた場合、今の現場経験を活かして貢献ができる、営業職という選択肢が思い浮かびました。現場や支社・本社で技術面の知識を学んだうえで、多くの人に西松建設の強みを伝え、新たな工事の獲得に関わる。そんな活躍の仕方もあると思っています。

角 屋

機電職は主にシールド・トンネル・ダムの現場を担当することが多いのですが、私は3つ全てを経験してきました。多種多様な機材を知り、豊富な知識を蓄え、その経験を活かし、今後はオールマイティに働いてみたいです。正直、これだけ大きな現場ができるなら、もうどこへ行っても通用する自信があります。せっかくなら、さらに大きな現場で、また初めてのことに挑戦してみたいですね。

川 口

私は今後もダム工事に携わり、さらに専門的な知識を高めていきたいです。誰かに「何を造ってるの?」と聞かれて、「ダムだよ」と答える時がいまは一番誇らしいです。一方で、今度は自然相手ではなく、人や車が多く行き交うような現場にも携わりたいですね。多くの人と接点があると役に立っている実感がより際立つ気がしますし、それぞれの面白さをバランス良く経験したいです。

中 井(所長)

ダムは“土木工事の総合デパート”。様々な工種があり、技術者にとっては多彩な経験ができる理想的な現場だと思います。また、地域に開かれたダムとして、地域と一緒になって作り上げていくとういう考えを理解し、地域の活性化に協力出来ていることを目の当たりにすると、さらに面白くなってきます。その魅力を若い人たちに伝えていくことも私の使命と考えています。 “良いもの”を作りたいという向上心や探究心を持っていれば、誰でもいいコンストラクターになれると思います。