OKIPPA104 センサボックスだけで始められるインフラ監視クラウドシステム

OKIPPA104 センサボックスだけで始められるインフラ監視クラウドシステム

“見にいかなくても分かる”
巡視による「目視点検」の弱点をカバーする
バラマキ型の傾斜監視システム。

人手不足は点検の基本である「目視」の頻度を減らし範囲を狭めます。センサボックスだけで監視ができるOKIPPA104は手軽で安価なバラマキ型の傾斜監視システム。「目視点検」の限界や人手不足をカバーして、的確で経済的な「点検業務」をサポートします。

監視の盲点をつくらないOKIPPA104は、
自然災害の初期微動を見逃さない。

OKIPPA104は、従来品より大幅に単価も、維持/運営コストも削減。いままで設置できなかった場所や、監視が手薄なエリアにも設置が可能になります。監視の領域と頻度を拡げて、自然災害に繋がる初期微動も見逃しません。

省電力・手の平サイズに加え、
多様なセンシング機能を搭載。

傾斜角度/分解能0.06°、2G(ドアをノックする程度)の衝撃も感知し報告。また、GPS機能で設置位置(誤設置防止)と位置探索が可能になり、計測データがどこのものかをクラウド上で確認。さらに、方位角機能(コンパス)でセンサボックスの向きや傾斜の方角が確認できます。

「より効率的な点検業務」をサポートする、OKIPPA104の6つのアンサー「より効率的な点検業務」をサポートする、OKIPPA104の6つのアンサー

1/2の低価格を実現

設置だけ

スマポ/PCで常時確認

省電力2年間電池交換不要

遠隔操作も可能

通信環境をサポート

1/2の低価格を実現
OKIPPAのアンサー1
OKIPPAのアンサー1

従来技術の1/2以下の低価格化を実現。
(つまり、監視測点数を2倍以上にできる)

現状では、従来技術に基地局機器費/設置費、電力配線材料費や作業費、通信料、電力料、クラウド運営費等が加わると、一台あたり50万円を軽くオーバー。OKIPPA104ならセンサボックス本体費と2年間の利用料だけ。トータルコストで1/2以下の低価格を実現しました。(設置条件により変わります)

設置だけ
OKIPPAのアンサー2
OKIPPAのアンサー2

センサボックスを設置するだけで計測開始。

LPWA(省電力広域無線通信Sigfox)の活用により、設置エリア毎のデータ集計器や自営の基地局設置の必要がありません。クラウドサーバーを介した情報の伝達だから、センサボックスだけで計測/監視を始められます。

省電力2年間電池交換不要
OKIPPAのアンサー3
OKIPPAのアンサー3

2年間電池交換不要の省電力。

給電はリチウムイオン電池のみ。配線を不要とするだけでなく2年にわたり電池交換の必要がありません。(1時間に1回の送信の場合)

遠隔操作も可能
OKIPPAのアンサー4
OKIPPAのアンサー4

遠隔操作で計測間隔などの変更が可能。

クラウド上で、再計測や計測間隔、衝撃検知のしきい値、ダウンリンク周期の変更が可能。「変状」の疑いが発生した時や大雨など自然災害が予想された場合に、とても役立つ機能です。

スマポ/PCで常時確認
OKIPPAのアンサー5
OKIPPAのアンサー5

計測データをPCやスマホで常時確認可能

LPWA(省電力広域無線通信Sigfox)により、スマホやPCで計測データを確認できます。また、設置対象に応じて「しきい値」をクラウド上で設定でき、メールでアラート通知も行えます。

通信環境をサポート
OKIPPAのアンサー6
OKIPPAのアンサー6

ご要望により通信環境をサポート

新規格LPWA(省電力広域無線通信)がカバーできないエリアに関しては、ご相談を承ります。お気軽にお問い合わせください。

いままでのシステムがたったこれだけ

活用シーン

■法面(切土/盛土) ■護岸 ■擁壁 ■柱 ■仮設土留

  • 斜面部
  • 地すべり部
  • 擁壁部

設置例

  • プラ杭に設置
    (ビス止め)
  • 金属部に設置
    (マグネット利用)
  • コンクリート部に設置
    (アンカー利用)

センサボックスから
「見える化」までトータルで提供

管理画面例

OKIPPA104の設置の仕方

OKIPPA104の設置の仕方

杭などの場合

本体の上下2ヶ所にあるブラインドカバーを開くと固定用のビス穴があります。杭にビス穴(M3〜4)を開けビスで固定してください。

金属面(鉄)の場合

専用マグネット(オプション)を本体に接続して、金属面に固定してください。

コンクリートの場合

コンクリート用のプラグを活用して固定してください。

スペック

センサボックス

サイズ10cm×10cm×4cm
測定範囲±90°(3軸方向の角度)
分解能0.06°
傾斜計測・通信間隔 標準:1時間に1回
(遠隔操作で変更可能/最小15分に1回)
GPS測位標準:1週間に1回(位置測位のみ)
地磁気(方位角)標準:1週間に1回
※周辺に磁気影響がない場合
ボックス仕様IP67相当
使用温度範囲-10~60℃
使用湿度範囲20~80%RH(結露なきこと)
電源リチウムイオン電池
電池稼動期間標準:約2年間
※1時間に1回通信する場合

通信規格

LPWA
(省電力広域無線通信) 
Sigfox ー シグフォックス ー
(遠隔操作可能/ダウンリンク)

クラウドサーバー

計測データの確認インターネット環境で常時確認可能
計測データの項目 傾斜角度(3軸方向)
衝撃検知(2~16G)
設置位置表示(地図アプリで表示)
電池残量(管理画面に電圧にて表示)
地磁気(方位角) ※周辺に磁気影響がない場合

これからの
通信規格LPWA(Sigfox)とは

LPWA(Low Power Wide Area)省電力広域無線通信ネットワークとは、平成29年春から提供開始された新しい無線通信規格。
少量のデータを遠くまで飛ばして電力消費が小さいのが特長。IoT向けの無線通信に適していると期待されています。

FAQ

電池はどのくらいもちますか?

1時間に1回の通信間隔であれば、2年間持続します。

OKIPPA104の電池残量はわかりますか?

管理画面で電圧表示により確認できます。

電池は交換できますか?

構造上、充電はできますがその際、防水性能低下の可能性があるため、本体の交換を推奨いたします。

どのような変状を計測できるのですか?

OKIPPA104内部の傾斜センサにより、3軸方向の傾斜角度を計測できます。

GPSセンサで動態観測はできますか?

GPSセンサは、OKIPPA104のおおよその設置位置を確認することを目的としています。

遠隔では何が操作できますか。

管理画面により計測間隔、位置測位、衝撃検知レベルの変更が操作できます。

無線通信(LPWA:Sigfox)が圏外の場合はどうすればよいのですか?

Sigfoxの通信事業者である京セラコミュニケーションシステムと連携して整備します。

セキュリティは大丈夫ですか?

OKIPPA104から送信されるデータは暗号化していますので、第三者が容易に計測データを把握することはできません。
ユーザー様によるIDとパスワードの保管・管理をお願いします。

OKIPPA104はどうやって固定するのですか?

ボックス上面にある2箇所のカバーを開けるとネジ穴が開いていますので、この穴を利用して設置箇所に応じてビスやアンカーまたはマグネットにより固定してください。

OKIPPA104の設置する向きに制約はありますか?

ありません。設置箇所に応じて設置できます。

お問い合わせ

OKIPPA104に関する
お問い合わせはこちらから

OKIPPA104のお問い合わせ
OKIPPA104のお問い合わせ

※フォームが開きます