TECHNOLOGY & SOLUTION
SEISMIC RETROFIT
耐震改修

安全・安心対策メニュー

耐震診断・耐震改修

1981年(S56年)以前の建物は、旧耐震基準で建てられています。
阪神淡路大震災では、倒壊、損壊建物の多くが旧耐震基準の建物でした。
耐震診断・耐震改修を実施しましょう。

阪神・淡路大震災や新潟県中越大震災、そして東日本大震災等、日本では近年だけをみても数々の大地震が発生し、各地の建物に甚大な被害を与えてきました。また、今後30年以内の地震発生率の評価結果によると、東海地震が87%、首都直下地震が70%という高い確率を示しています。つまり、大地震に対しては、「常に想定されるリスク」として備えておくことが不可欠といえます。西松建設では、お客様に安心して建物を使用していただけるよう、耐震診断をはじめとした各種提案をしています。

耐震診断・耐震改修の手順

耐震改修計画の初期の段階において、個々の条件に合わせた耐震診断を行い、耐震性能を評価する必要があります。

予備調査

予備調査では、(1)建設年代、(2)構造形式、(3)環境条件、(4)竣工図面の有無、の確認を行います。

耐震診断

耐震診断には、次のようなものがあります。
一次診断:壁が比較的多い建物の簡易的な診断です。
二次診断:柱・壁などを中心に診断、基本となる診断です。
三次診断:柱・壁に加え、梁の強度を考慮しての詳細診断です。

耐震改修計画

診断結果をもとに、総合的に耐震性を評価し、必要に応じて、既存建物に最適な補強方法を提案します。

耐震改修

耐震改修計画をもとに実施設計(詳細設計)を行い、耐震改修工事をします。

耐震改修技術紹介

耐震改修技術には、建物の強度・変形性能を向上させる耐震補強のほかに、建物へ作用する地震の揺れを低減する免震補強、建物自体の揺れを制御する制振補強があります。耐震診断の結果から、最も適した技術をご提案します。

耐震補強(在来技術)

耐震補強は、改修技術の標準的なものです。一般的に構造体の強度や変形性能を向上させる手法であり、さまざまな工法があります。

免震補強

地面と建物の間にゴムなどの免震デバイスを設置することで建物に伝わる地震の揺れを低減する技術で、免震レトロフィットといいます。その他、建物内の特定の部屋のみを免震化する床免震の技術もあります。

制振補強

壁面に各種制振ダンパーをセットしたり、屋上等に巨大な水槽や重錘を設置したりして建物の揺れを制御する技術です。その他、天井の揺れを制御するシステムもあります。また、2012年にはBiDフレーム工法を開発しました。これは制振ダンパーシステムを組み込んだ外付け鉄骨フレームと建物とを接続させての補強です。

※緑字は弊社独自の技術です

耐震改修技術一覧

西松建設では、多くの耐震改修技術のメニューから、お客様のご要望にあった技術を選択し、建物を地震から守ります。

手法 対象(形態) 技術名 概要
耐震補強 炭素繊維補強
アラミド補強
鋼板巻き補強
RC柱増打ち
フレーム(壁) 鉄骨ブレース補強
RC耐震壁増設
(袖壁増設)
構造スリット
外部(外付け) 外付け鉄骨
ブレース補強
天井 耐震クリップ工法
免震 基礎・中間階免震構法(免震レトロフィット)
床免震構法
制振 ブレース・壁 制振構法
建物全体 BiDフレーム工法