西松のZEBへの取り組みOur Activities for ZEB

⻄松建設のZEBについて

西松建設は環境経営先進企業を目指し、
自社開発物件を中心に環境配慮技術を導入しZEB/ZEHを実現して参りました。
一品生産の特殊技術ではなく汎用技術の組み合わせによって省エネルギーを実践することで、
クライアントの皆様と地球環境の双方にメリットをもたらすとともに、
西松建設としてZEBの普及を目指していきます

ZEBコンセプト

⻄松建設のZEBの⽬標

ZEB事業は国を挙げて行われており、国内方針では2020 年に新築公共建築物をZEB化
2030年には新築建築物の平均でのZEB化が掲げられています。
西松建設では2018年に基礎的な要素技術のみを用いてのZEB Readyの取得を達成しています。
2027年を目標に要素技術の知見や環境設計の提案力を向上させ、省エネのみで75%のエネルギー削減を目指します。

省エネ + 快適な環境をつくる

西松建設ではZEBを実現する切り口として「熱」「光」「風」「心理環境」の4つを軸とした設計方針が必須と考えます。
これら4要素を建築的操作として融合させることで
省エネと快適性を兼ね備えた『NISHIMATSU ZEBDESIGN』を提供していきます。

⻄松建設の環境設計について

ZEBの⼀般化へ向けて

西松建設ではZEBの普及の方針として3つの軸を掲げています。
自然環境の有効活用による『パッシブデザイン』機械設備の効率的な
利用・運用としての『アクティブデザイン』、自然環境からエネルギーを生成する『再生エネルギー活用』の
多様な視点から建物のエネルギーの削減と空間の快適性を検討しています。
特別な技術による達成ではなく一般的に建設可能なZEBの提供に取り組んでいます。

進化し続ける循環型環境設計

西松建設の環境設計は常に進化を続けます。
建築物全体のシミュレーションにはじまり、部分的な検証や建設後の実測を行います。
実際の建築物からデータを収集し、分析・フィードバックすることで、
環境設計の効率化を行い、要素技術を蓄積して次の設計へと昇華します。

実績紹介

  • NCO メトロ神谷町

    MORE
  • 慶應義塾大学 日吉国際学生寮

    MORE
  • その他の事例

    MORE

環境経営事業としての取り組み

ZEBプランナー/ZEBリーディング・オーナー

ZEBの普及に向け、2017年12月に環境共創イニシアチブによるZEBプランナー制度(※1)に登録し、2019年1月にZEBリーディングオーナー制度(※2)に登録しました。

※1:ZEBプランナーとは、ZEBに関する設計・施工、コンサルティング等のサービスを提供できる企業を登録し・公開する制度です。
※2:ZEBリーディング・オーナーとは、自らのZEB普及目標やZEB導入計画、ZEB導入実績を一般に公表する先導的建築物のオーナーを登録し・公開する制度です。

ZEBプランナー ZEBリーディング・オーナー

エコファースト企業

弊社は環境省のエコファースト企業として、「カーボンフリーの追求」「生物多様性配慮」「廃棄物ゼロミッション」「環境教育の推進」を骨子とした取り組み内容と目標を定めており、カーボンフリー活動(脱炭素)の一環としてZEBについて継続して取り組みます。

エコファースト企業